リヴ・ウルマンは38年後にノルウェーの映画館に戻ります

3_2102_0.jpg


去年のXNUMX月に夫が亡くなった後、 スウェーデンの映画監督イングマール・ベルイマン、 のようだ リヴ・ウルマン 彼は再び大画面を投げた。 確かに、68歳の女優はノルウェーの映画で祖母を演じます。これは38年後の母国での彼女の最初の映画になります。

問題の映画は「鏡の中、なぞなぞの中」と呼ばれ、ノルウェーのヨースタイン・ガーダーの小説に基づいています。 デンマークのジェスパー・ニールセンが監督を務め、非常に病気の13歳の少女の物語を語ります。 NS 撮影 XNUMX月にオスロで始まります。

«これは私が「An-Magritt」以来引き受けたノルウェーでの最初の役割であるだけでなく、私が提供された最初の役割でもあります「ロイターのケーブルによると、ウルマンはニューヨークのダグブラデット紙に語った。 さらに、LivUllmannは今週 サンセバスチャン映画祭 名誉賞を受賞する。


コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。